JR貨物、シルバーのEF510「ECO-POWER レッドサンダー」導入 2023年3月運行開始

ニュース画像:新たに導入するシルバー塗装のEF510-301号機 - 「JR貨物、シルバーのEF510「ECO-POWER レッドサンダー」導入 2023年3月運行開始」
新たに導入するシルバー塗装のEF510-301号機

©JR貨物

JR貨物は2021年10月15日(金)、EF510形式交直流電気機関車「ECO-POWER レッドサンダー」(EF510-301号機)を導入すると発表しました。運行開始日は2023年3月を予定しています。EF510形式導入に伴い、現在九州で運行しているED76形式交流電気機関車とEF81形式交直流電気機関車を置換える予定です。

今回製作するEF510形は、本州で運行しているEF510形とは異なる仕様です。「JR貨物グループ長期ビジョン 2030」で掲げた「グリーン社会の実現」に向け、貨物鉄道輸送での消費電力削減を目標に、交流回生ブレーキを装備します。また、塗装は、EF81形303号機等で親しまれている銀色(シルバー)をベースとしつつ、「ECO-POWER レッドサンダー」の愛称は継承したデザインとなっています。

今後、EF510-301号機は12月16日(木)に製造元の車両メーカーから出場し、同社へ納入される予定です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ