上野動物園に新たな乗り物?!モノレールに変わる提案・事業参入調査開始

ニュース画像:運行休止前の上野動物園モノレールを走る都営40形 2019年10月撮影(yumaちゃんさん撮影) - 「上野動物園に新たな乗り物?!モノレールに変わる提案・事業参入調査開始」
運行休止前の上野動物園モノレールを走る都営40形 2019年10月撮影(yumaちゃんさん撮影)

©yumaちゃんさん

車両の老朽化により、2019年から運行を休止している恩賜上野動物園のモノレール「上野懸垂線」。整備・運営する東京都建設局は2022年2月17日、モノレールの代替となる新たな乗り物について、アイデアや民間の事業参入等の調査・検討を進めていくと発表しました。

上野動物園モノレールは1957年(昭和32年)、東京都交通局により東西両園を結ぶ全長330mの懸垂式モノレールとして開通しました。2001年から2019年まで、都営40形電車が運行していましたが、車両の経年劣化が進んでいることから、運行を休止、40形は廃車となりました。

東京都は運行休止以降、車両更新の検討を行いましたが、部品が製造されていない等の理由から困難であると判断。既存のモノレールに替わる方策について、民間事業者の参入意欲や事業イメージなどのヒアリング、事業効果や実現可能性の高い事業実施につなげることを目的に、マーケットサウンディング調査を実施します。

調査では参入に関心のある事業者に、上野動物園の名物として60年以上親しまれ続けてきたモノレールの歴史を継承しつつ、園全体の魅力を向上させる、幅広い事業提案を募集します。新たな乗り物について、都は、小型モノレールを想定していますが、それ以外も可能とし、来園者の利便性向上のため、既存モノレールと同等以上の輸送能力を備えたものを求めています。さらに動物園という特性上、工事や運行に当たっては、近接する飼育動物への配慮も必要としています。

今後、2022年内にサウンディング調査結果の概要を公表し、2023年度内に事業者の公募を行うことを想定し進めていく予定です。

ニュース画像 1枚目:新たな乗り物の提案対象範囲
新たな乗り物の提案対象範囲

©東京都

期日: 2022/02/17から

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)
  • ニュース画像:運行休止前の上野動物園モノレールを走る都営40形 2019年10月撮影(yumaちゃんさん撮影)

    運行休止前の上野動物園モノレールを走る都営40形 2019年10月撮影(yumaちゃんさん撮影)

    ©yumaちゃんさん

  • ニュース画像:新たな乗り物の提案対象範囲

    新たな乗り物の提案対象範囲

    ©東京都

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ