静岡駅に巨大プラモデル?いいえ、公衆電話です!

ニュース画像:まるで組み立て前の巨大なプラモデル「公衆電話」 - 「静岡駅に巨大プラモデル?いいえ、公衆電話です!」
まるで組み立て前の巨大なプラモデル「公衆電話」

©NTT西日本

JR静岡駅に突如あわられた巨大プラモデル。実はこれ、NTT西日本静岡支店が2022年3月13日(日)から設置した、公衆電話をモチーフとした「プラモニュメント」です。モニュメントとはいえ、公衆電話は実際に使用でき、まるで「組み立て前」のプラモデルキットのようだと話題を集めています。

「プラモニュメント」の設置は、地元の静岡市が取り組む"プラモデル"を活用したシティプロモーション「静岡市プラモデル化計画」に、NTT西日本静岡支店が賛同し実現しました。静岡市は全国に出荷されるプラモデルのおよそ8割を占める知る人ぞ知る、ホビーの街として有名です。

「静岡市プラモデル化計画」は、同市が地場産業のプラモデルを通し、静岡の魅力を県内外にPRすることを目的として推めています。公衆電話のほか、ポストやPR看板など、街の中にあるさまざまなものがプラモデルパーツのモニュメントに仕立てられています。

ニュース画像 1枚目:静岡市内にある「プラモニュメント」
静岡市内にある「プラモニュメント」

©静岡市

期日: 2022/03/13から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?
  • ニュース画像:まるで組み立て前の巨大なプラモデル「公衆電話」

    まるで組み立て前の巨大なプラモデル「公衆電話」

    ©NTT西日本

  • ニュース画像:静岡市内にある「プラモニュメント」

    静岡市内にある「プラモニュメント」

    ©静岡市

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ