東海道新幹線、N700Aで運行の「のぞみ265号」で殺傷事件 6月9日夜

画像:東海道新幹線 イメージ
東海道新幹線 イメージ

©RailLab News

2018年6月9日(土)22時前、東海道新幹線の新横浜〜小田原間を走行中の「のぞみ265号」車内において、車内にいた男が乗客複数人を切りつける事件が発生しました。NHKなどの報道によると、事件により、男性1人が死亡、女性2人が怪我を負い、切りつけた男は小田原駅で逮捕されています。

事件が発生したのは、「のぞみ265号」として運行されていたN700A「G32」編成の12号車「785-1632」とみられ、事件の影響で東海道新幹線は、東京〜小田原間の下り線で一時運転を見合わせました。

なお警察は、静岡県三島市のJR東海の施設に移動された当該車両で事件の検証を行なっています。

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: