形式

5ドア、6ドアのある車両形式 - 車両形式

混雑率の高い路線を運行する通勤電車では、車両の扉を5つや6つに増加させた車両が運行されています。ドアを増やすことで、ラッシュ時の乗降をスムーズにしてダイヤ乱れを抑える効果が期待され、各路線に導入されました。朝のラッシュ時には車内の座席を収納する機能を使用する形式もあり、混雑時の運行に活用されました。ドアの増加に伴って座席数が減少するデメリットがあることや、近年ではホームドアが設置されることなどに伴って6ドア車を4ドア車で置き換える場合が多くなっています。

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

Recommend おすすめコンテンツ