形式

efACE(イーフェイス) - 車両形式

川崎重工業が開発した標準型車両で、作り方を同一化して様々な車両を従来よりも低いコストで生産することができます。efACEが採用された車両形式のニュースや鉄道写真をまとめて紹介しています。 efACE(イーフェイス)は、様々な鉄道車両で適用できるように基本的な設計を標準化してコストダウンをはかりつつ、多くの鉄道会社にあわせた車両を製造できる標準型車両となっています。車体構造や内装と機器類のインタフェースを統一することで、異なる仕様の車両が効率よく製造できる仕組みになっています。アルミ構体とステンレス構体の2つがあり、特急型気動車のJR四国2600系から東京メトロ16000系などの通勤型電車まで、多種多様な車両が製造されています。

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

Recommend おすすめコンテンツ