形式

日車式ブロック工法 - 車両形式

日車式ブロック工法とは、日本車輌製造(日車)が開発した、軽量ステンレス製鉄道車両を低コストで製造できる工法のことです。車両を車端窓ブロック、中間窓ブロック、側入口ブロックなどのブロック単位に分けて製造し、各ブロックを溶接接合して車体を組み立てます。各部分でそれぞれ製造を行うことで、工場の製造スペースを有効活用できるほか、各部分を並行して作業できるメリットがあります。ここでは、その日車式ブロック工法で製造された車両形式をまとめてご紹介しています。

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

Recommend おすすめコンテンツ