なにわ筋線に鉄道事業許可、大阪都心部を南北に縦貫

ニュース画像:なにわ筋線の概要 - 「なにわ筋線に鉄道事業許可、大阪都心部を南北に縦貫」
なにわ筋線の概要

©国土交通省

国土交通省は2019年7月10日(水)付けで、なにわ筋線の北梅田~JR難波、南海新今宮間の鉄道事業を認可します。

今回、許可されたのは、関西高速鉄道から申請されていた第三種鉄道事業と、JR西日本と南海電気鉄道から申請されていた第二種鉄道事業です。

なにわ筋線は、大阪都心部の難波、中之島、梅田を南北に縦貫する都市鉄道として整備される建設キロ約7.2キロメートル(km)の路線です。北梅田駅は、大阪市北区で建設中の梅田貨物線、おおさか東線の駅に接続し、途中に、いずれも仮称の中之島駅、西本町駅、新難波駅が設けられます。

JR難波~西本町間はJR西日本の列車、新今宮~西本町間は南海の列車、西本町間~北梅田間は、JRと南海の両方の列車が走行します。南海本線やJR阪和線に直通し、関西国際空港と大阪都心部を結ぶ列車を運転するなど、アクセス性の改善が期待されています。

事業費は3,300億円で、事業期間は2019年度から2031年度まで、2031年春の開業が予定されています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)