山手線、11月16日に線路切換工事で半周運休 JR発足後初の規模

ニュース画像:運休の概要 - 「山手線、11月16日に線路切換工事で半周運休  JR発足後初の規模」
運休の概要

©JR東日本

JR東日本は2019年11月16日(土)、高輪ゲートウェイ駅開業に向けた品川駅線路切換工事を行うため、山手線、京浜東北線の一部区間を運休します。山手線の運転見合わせを伴う工事は、JR東日本発足後では初となります。

工事は、11月15日(金)終電後から11月17日(日)初電にかけて実施されるもので、山手線の内・外回りと京浜東北線の大宮方面の線路が新しい線路に切り替えられます。これに伴い、品川駅4番線が新たに京浜東北線の大宮方面ホームとなり、現在使用している3番線は使用停止となります。

山手線は、11月16日(土)初電から16時頃まで、大崎~東京~上野間が運休となります。運休中は大崎~新宿~池袋~田端~上野間で折返し運転を行い、運転本数は通常の7割程度となる予定です。

京浜東北線は、品川~田町間が終日運休となるほか、田町~東十条間も15時頃から15時20分頃に作業のため一時運転を見合わせます。品川~蒲田間は通常の8割程度の運転本数となります。

なお、山手線、京浜東北線の運休にあわせ、上野東京ライン、埼京線、りんかい線で臨時増発が計画されています。

期日: 2019/11/15 〜 2019/11/17

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ