身延線、中央線運転見合せで臨時列車 東京〜甲府間の輸送を代替

ニュース画像:JR中央線 甲府・松本方面 代替輸送路 - 「身延線、中央線運転見合せで臨時列車 東京〜甲府間の輸送を代替」
JR中央線 甲府・松本方面 代替輸送路

©国土交通省 鉄道局

JR東海は2019年10月17日(木)から当面の間、身延線の甲府~富士間で臨時列車による増発を実施します。増発は、台風19号による被災で中央線一部区間が運休となっていることから、東京〜甲府間の輸送を代替、輸送力を高めます。

朝の時間帯は、身延発静岡行き普通列車を甲府始発に変更、甲府〜身延間を臨時快速列車として運行するほか、甲府発富士行き直通列車が2本設定されます。

昼の時間帯は、甲府〜富士間を1回の乗り換えで利用できる富士〜鰍沢口間の列車が3本、夜の時間帯は、身延発甲府行き臨時列車が1本運行されます。なお、一部の列車は10月16日(水)からすでに運行が開始されています。

JR東海や国土交通省は、東京から三島駅まで東海道新幹線を利用し、身延線の臨時列車に乗り換えることで、東京〜甲府間における中央線からの代替利用を提案しています。

なお、中央線の高尾~大月間の運転再開は10月18日(金)の見込みですが、一部単線運転があるため、当分の間、1時間に1本程度の運転となり、全面運転再開は10月末頃の見込みです。

期日: 2019/10/17から

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ