函館本線、5月から7月に一部列車のダイヤ変更 青函共用区間の工事で

ニュース画像:JR北海道のキハ40系 - 「函館本線、5月から7月に一部列車のダイヤ変更 青函共用区間の工事で」
JR北海道のキハ40系

©RailLab ニュース

JR北海道は、2020年5月31日(日)から7月19日(日)まで実施する青函共用走行区間の保守工事にあわせ、函館本線の一部列車でダイヤを変更します。期間中、函館方面行き上り列車で時刻変更されるのは、新函館北斗駅を20時に出発する快速「はこだてライナー」の1本で、各駅の発着時刻が3分から5分、遅くなります。

長万部方面行き下り列車で時刻変更されるのは、函館駅を12時31分、18時54分、20時16分に出発する普通列車3本で、いずれも新函館北斗駅出発後の各駅発着時刻が2分から10分、遅くなります。時刻変更日は列車によって異なり、一部の列車は工事期間外の3月、4月、8月にも同様の時刻変更が実施されています。

なお、今回の青函共用走行区間の保守工事では、一部日程で北海道新幹線の下り「はやぶさ43号」の新青森〜新函館北斗間と、上り「はやて100号」の全区間が運休となるほか、名古屋貨物ターミナル〜川崎貨物駅〜札幌貨物ターミナル間、百済貨物ターミナル〜札幌貨物ターミナル間の貨物列車も運休や部分運休となります。

期日: 2020/05/31 〜 2020/07/31

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ