東武鉄道、北越谷駅にホームドア設置 6月7日から順次使用

ニュース画像:北越谷駅 ホームドア、イメージ - 「東武鉄道、北越谷駅にホームドア設置 6月7日から順次使用」
北越谷駅 ホームドア、イメージ

©東武鉄道

東武鉄道は2020年6月7日(日)から順次、東武スカイツリーライン北越谷駅でホームドアの使用を開始します。使用開始予定日は、上り急行線の1番ホームが6月7日(日)初列車から、上下緩行線の2番ホーム、3番ホーム、下り急行線の4番ホームは順次、使用を開始します。設置工事は4月25日(土)から順次、実施されています。

このホームドア導入に向け、東武鉄道と東京メトロは、東武線・東京メトロ日比谷線相互直通運転区間において、これまで混在していた3扉車両と5扉車両を全て4扉車両に統一しました。また、東武鉄道では、2020年度末までにさらに2駅、2021年度以降も1日の利用者数が多い区間や駅、すでに設置済みの駅を含め合計40駅にホームドアを設置する予定です。

ホームドアは、ホームの安全性向上やバリアフリー化を目的に設置されており、国土交通省、地方公共団体、東武鉄道が協力して整備し、ホームドア本体の設置工事に向け、準備を進めています。

期日: 2020/06/07から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ