東京メトロ、初のサステナビリティボンド発行 100億円調達へ

ニュース画像:新型車両の2000系 - 「東京メトロ、初のサステナビリティボンド発行 100億円調達へ」
新型車両の2000系

©東京メトロ

東京メトロは2020年6月、初めてのサステナビリティボンドを発行します。発行総額100億円で、みずほ証券、SMBC日興証券、大和証券が主幹事として担当、資金は新型車両の導入、駅ホームの安全性向上、太陽光発電システム設置に関連する費用の一部に充当します。発行額の一部は、リファイナンスを含みます。

新型車両の2000系は、更新前の02系と比べ消費電力は27%削減し、クリーン輸送に貢献します。2019年2月から運行を開始し、2023年度までに全52編成を導入する計画です。気象災害による停電発生時でも最寄り駅まで走行できる非常用走行バッテリーを搭載し、基本的インフラ設備に資する車両です。

ホームドア整備は基本的インフラ設備の整備施策で、2020年3月末時点で76%を整備し、2025年度末までに全駅の整備完了を目指しています。太陽光発電は、地上駅ホーム屋根にパネルを設置し、発電した電力をエレベーターや照明など駅設備で使用し、再生エネルギーの活用による二酸化炭素排出削減につなげます。

サステナビリティボンドは、資金の用途を環境・社会の持続可能性に貢献する事業に限定した債券で、第三者評価機関からの評価を得ることで適合性が確認されています。東京メトロは、東京の都市発展と共に持続可能な社会実現に向けたSDGsを設定し、取り組んでいます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ