城崎温泉駅、7月と8月の土休日に駅員が「ゆかた」着用で出迎え

山陰本線の城崎温泉駅は2020年7月23日(木)から8月23日(日)の土休日、駅社員が「ゆかた」を着用して利用客を出迎えます。

2020年に「開湯1300年」を迎える城崎温泉駅は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、これまで他の観光地と同様に受け入れの自粛や新型コロナウイルス感染防止対策に取り組んできました。街全体での受け入れ体制が整い、6月から徐々に活動を再開してきたことから、城崎温泉駅も地元と一緒に「ゆかた」を着用して出迎えを実施します。

実施日は7月23日(木)から8月23日(日)の土休日、計13日間で、着用時間は9時から18時です。改札、案内担当の駅社員は「ゆかた」、みどりの窓口担当の駅社員は「はっぴ」を着用します。また、「コミュニティ城崎」より寄贈される浴衣柄のマスクを着用し、おもてなしします。

■実施日
<7月>
7月23日(木)、7月24日(金)、7月25日(土)、7月26日(日)

<8月>
8月1日(土)、8月2日(日)、8月8日(土)、8月9日(日)、8月10日(月)、8月15日(土)、8月16日(日)、8月22日(土)、8月23日(日)

期日: 2020/07/23 〜 2020/08/23

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ