烏丸線の新型車両、7月に第1編成が納入予定

ニュース画像:製作中の烏丸専用新型車両 - 「烏丸線の新型車両、7月に第1編成が納入予定」
製作中の烏丸専用新型車両

©京都市交通局

京都市交通局(京都市営地下鉄)の烏丸線に投入予定の新型車両が、7月に竹田車両基地に到着予定です。この新型車両は2019年に導入が決定され、デザインの募集などが行われていました。

この新型車両は現在、近畿車輛で製造中で車体を構成する6面体が完成、今後この6面体に車両の安全走行に必要な機器や内装品を取り付けます。車体外観や内装には、京都の伝統産業の素材や技法を活用し、京都らしい車両デザインとなります。

今後2021年から2025年度にかけて6両編成を9編成、54両が納入される予定です。開業当初の約40年前に導入した10系(01~09編成)が更新時期となるため、新型導入後に順次置き換えます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ