SL冬の湿原号、「ノロッコ号」ディーゼル機関車で牽引

ニュース画像:ノロッコ号のDE10形機関車 - 「SL冬の湿原号、「ノロッコ号」ディーゼル機関車で牽引」
ノロッコ号のDE10形機関車

©JR北海道

JR北海道は2022年3月18日(金)、特別企画として「SL冬の湿原号」を「くしろ湿原ノロッコ号」のディーゼル機関車で牽引します。

通常は「くしろ湿原ノロッコ号」で使用されている緑色のDE10形機関車が、「SL冬の湿原号」を牽引し、普段では見られない編成で運行されます。なお、ヘッドマークの設置はありません。

「SL冬の湿原号」は、通常、蒸気機関車(SL)で運行される列車ですが、SL部品の破損により1月からはディーゼル機関車で運行されています。2021年度内は3月18日(金)までの運行予定ですが、3月7日(月)時点で原因究明ができておらず、最終日までディーゼル機関車で運行される予定です。

期日: 2022/03/18

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ