「とうきょうスカイツリー駅」付近高架化、11月27日から上り線使用開始

ニュース画像:連続立体交差事業における高架化区間 - 「「とうきょうスカイツリー駅」付近高架化、11月27日から上り線使用開始」
連続立体交差事業における高架化区間

©東武鉄道

東武鉄道は2022年11月27日(日)の初列車から、とうきょうスカイツリー駅付近上り線の高架区間の使用を開始します。

墨田区が事業主体で進める都市計画事業「東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業」 として実施される工事です。とうきょうスカイツリー駅付近の約0.9kmが高架化、「伊勢崎線第2号踏切」が除去されます。

あわせて同日、とうきょうスカイツリー駅上りホームが新たに使用を開始、これに伴い改札口の位置が変わります。

連続立体交差事業の工事実施期間は、2024年度までの予定です。

期日: 2022/11/27から

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ