大阪駅の新改札、名称は「うめきた地下口」と「西口」に

ニュース画像:うめきた地下口 完成イメージ - 「大阪駅の新改札、名称は「うめきた地下口」と「西口」に」
うめきた地下口 完成イメージ

©JR西日本

JR西日本は2022年12月1日(木)、大阪駅うめきたエリア、西側エリアに新設予定の改札口について、それぞれ名称を「うめきた地下口」、「西口」に決定しました。

2つの新改札口は、2023年春のダイヤ改正日から供用開始される計画です。「うめきた地下口」は、東海道線支線地下化・新駅設置事業により整備されるうめきたエリアで、「西口」は、大阪駅西側エリアで新たに開業します。

ニュース画像 1枚目:JR大阪駅「うめきた地下口」と「西口」改札の位置図
JR大阪駅「うめきた地下口」と「西口」改札の位置図

©JR西日本

なお、うめきた地下口と西口を地下でつなぎ、エレベーター・エスカレーターを備えた改札
内連絡通路も整備される計画です。地下ホームが開設されることで、これまで大阪駅を通らなかった「はるか」や「くろしお」などの特急列車の利用が可能に。さらに今後、なにわ筋線も開業予定で、大阪中心部と関西国際空港、和歌山方面とのアクセスが拡充する予定です。

ニュース画像 2枚目:西口  完成イメージ
西口 完成イメージ

©JR西日本

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ