東武のホームドア設置計画、2018年度は北千住、新越谷、北越谷駅で着手

画像:東武鉄道のホームドア 写真は和光市駅
東武鉄道のホームドア 写真は和光市駅

©東武鉄道

東武鉄道は、2018年4月27日(金)に、2018年度の設備投資計画を発表し、総額360億円の設備投資を行うことを明らかにしました。この一環として、「安全で安心な駅ホームの整備」を目指し、ホームドアの設置が引き続き推進されます。

同社は2020年度末までに、1日の利用者数が10万人以上の押上駅、北千住駅の3階ホーム、新越谷駅、池袋駅、志木駅および、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の会場最寄り駅となる北越谷駅と朝霞駅の合計7駅にホームドアを設置する計画です。

2018年度は、池袋駅の1番線から3番線と、朝霞駅の3・4番線で整備が完了する予定であるほか、志木駅についても整備が推進されます。また、北千住駅の3階ホーム、新越谷、北越谷駅も整備にも着手する計画です。

また、2021度以降は、特に利用者数が多い区間の駅や、利用者数が5万人以上の駅、合計29駅にホームドアが整備予定される予定です。

そのほか、視覚障害者が利用しやすいように、音響音声案内装置が41駅に設置されており、2018年度は越谷駅、ときわ台駅、鶴ヶ島駅に整備される予定です。

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: