形式

2019年 ブルーリボン賞・ローレル賞の受賞形式と候補形式 - 車両形式

ブルーリボン賞・ローレル賞は、鉄道友の会が毎年1回、前年度に日本国内で営業運転を正式に開始した新造および改造車両から選定している賞です。鉄道ファンの視点から賞を授与したいということから1958年よりスタートしました。2019年のブルーリボン賞は小田急電鉄70000形、ローレル賞は相模鉄道20000系と叡山電鉄のデオ730形「ひえい」が受賞しました。 ここでは、受賞形式と候補形式の情報を一覧で確認できます。

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

Recommend おすすめコンテンツ