東海道・山陽新幹線「EXサービス」、列車遅延情報のプッシュ通知開始

ニュース画像:プッシュ通知のイメージ - 「東海道・山陽新幹線「EXサービス」、列車遅延情報のプッシュ通知開始」
プッシュ通知のイメージ

©JR東海

JR東海とJR西日本は2019年6月22日(土)から、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービス「EXサービス」で、列車の遅延情報を通知するサービスを開始します。

これは、スマートフォンのプッシュ通知サービスを用い、情報を配信するもので、「EXサービス」で予約を行った利用者が対象です。これにより、タイムリーに運行状況が確認できるようになり、速やかに予約変更ができるようになります。

また、年会費税込1,080円の有料版「エクスプレス予約」では、列車に大幅な遅延が発生した場合、所定発車時刻後の列車も、スマートフォンアプリ「EXアプリ」で予約できるサービスを試行します。このサービスでは、遅延が発生した際も、駅窓口に並ばず、運転状況に合わせて予約できるようになり、利便性が向上します。

プッシュ通知サービス、列車遅延時の予約サービスともに、利用するには6月22日(土)以降に公開される「EXアプリ」の最新バージョンへのアップデートが必要です。

期日: 2019/06/22から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)