東北の鉄道会社が出展、「鉄道フェスティバルin東北」開催 10月6日

ニュース画像:2018年のイベントの様子 - 「東北の鉄道会社が出展、「鉄道フェスティバルin東北」開催 10月6日」
2018年のイベントの様子

©東北運輸局

東北の鉄道事業者等で構成される東北地区「鉄道の日」実行委員会は、「鉄道フェスティバルin東北」を2019年10月6日(日)に仙台貨物ターミナル駅で開催します。「JR貨物ふれあいin東北」が同時開催されます。

イベントでは、東北の各鉄道事業者による鉄道グッズや沿線物産品の販売、本物の電気機関車やNゲージの展示のほか、ステージイベント、緩急車やミニSL、ミニEH500の乗車コーナー、スタンプラリーなどが行われます。

場所はJR貨物の仙台貨物ターミナル駅構内で、JR仙石線宮城野原駅より徒歩15分、地下鉄東西線・薬師堂駅より徒歩10分、仙台市営バス宮城野三丁目・聖和学園前バス停下車すぐです。

参加企業・団体は、JR貨物、JR東日本仙台支社、JR東日本東北工事事務所、鉄道運輸機構、津軽鉄道、三陸鉄道、秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道、IGRいわて銀河鉄道、仙台市交通局、仙台空港鉄道、阿武隈急行、福島交通、会津鉄道、山形鉄道、八戸臨海鉄道、秋田臨海鉄道、仙台臨海鉄道、東北索道協会、東北鉄道協会、鉄道貨物協会、ジェイアール貨物、東北ロジスティクス、日本フレートライナー、日本石油輸送です。

期日: 2019/10/06

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ