両国駅「幻のホーム」でテレワーク、N’EX車内がシェアオフィス

ニュース画像:E259系成田エクスプレス イメージ (あおんぼさん撮影) - 「両国駅「幻のホーム」でテレワーク、N’EX車内がシェアオフィス」
E259系成田エクスプレス イメージ (あおんぼさん撮影)

©あおんぼさん

JR東日本は2020年11月27日(金)と11月28日(土)、両国駅3番線臨時ホームとN’EXの愛称で親しまれているE259系特急車両の成田エクスプレスを活用し、臨時シェアオフィスの実証実験「N’EX でテレワーク!」を実施します。両国駅3番線は通常使用しない臨時のホームで「幻のホーム」と呼ばれており、特別な空間でテレワークを体験できます。

同社では、「働き方改革」を含めた社会的課題に取り組むべく、駅ナカシェアオフィス 「STATION WORK」の拡大を図っています。その一環として、両国駅臨時ホームと成田エクスプレスを活用して臨時シェアオフィスを開設し、既存の枠にとらわれない新たな価値やサービスを提供します。

開設時間は、各日10時から16時、最終受付は15時45分です。両国駅3番線への通路付近に所在するステーションギャラリーが受付です。利用料金は税別15分100円です。なお、利用は事前予約制で、11月20日(金)12時からWebサイト「STATION WORK」で受け付けます。なお、利用者には記念として、「N’EX ロゴ入りマルチクロス」が数量限定でプレゼントされるほか、利用当日、両国駅構内や近隣の対象店舗で特別サー ビスも受けられます。

期日: 2020/11/20 〜 2020/11/28

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ