JR西日本、遅延証明書のホームページ発行対象を拡大

ニュース画像:遅延証明書の発行画面 - 「JR西日本、遅延証明書のホームページ発行対象を拡大」
遅延証明書の発行画面

©JR西日本

JR西日本は2021年2月26日(金)から、遅延証明書のホームページでの発行対象線区と発行時間帯を拡大します。

JR西日本では、対象線区において5分以上の遅延が発生した場合に、その線区での最大の遅延時分を掲載した遅延証明書をホームページに掲載しています。これまで京阪神エリア、岡山・福山エリアの路線を対象としていましたが、2月26日(金)以降は、山陰エリア、広島・山口エリア、和歌山エリア、北近畿エリア、北陸エリアの路線についても発行が可能となります。

発行時間帯は、すでにサービスを提供している線区も含め、始発から7時、7時から9時、9時から10時、10時から17時、17時から最終までの5区分に分類・拡大、24時間取得可能となるほか、過去45日間の遅延証明書が取得可能となります。

この変更に伴い、京阪神、和歌山、北近畿エリアでは2月26日(金)から、岡山・福山エリアでは4月1日(木)から、駅で配布している紙の遅延証明書の発行が取り止めとなります。

期日: 2021/02/26から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ