Suicaなくてもタッチ乗車可能!JR東、お台場レインボーバスでNFCタグ活用の実証実験

ニュース画像:お台場レインボーバスでNFCタグ活用の実証実験 - 「Suicaなくてもタッチ乗車可能!JR東、お台場レインボーバスでNFCタグ活用の実証実験」
お台場レインボーバスでNFCタグ活用の実証実験

©JR東日本

JR東日本は2021年9月16日(木)から、タッチだけでバスに乗車できるサービスの実証実験を開始します。Suicaのカードやアプリではなく、NFCタグを利用し、これまでSuicaやPASMOなどの交通系ICカードに非対応だった 「お台場レインボーバス」でのキャッシュレス乗車が可能になります。

NFCとは、Neer Field Communicationの略で近距離無線通信を指します。NFCタグは、ICチップを内蔵するシールやカード状の媒体で、対応するスマートフォンをNFCタグにタッチすることで様々なサービスの利用が可能になります。

実証実験は9月16日(木)から当面の間、品川・田町〜お台場エリアで運行する「お台場レインボーバス」で実施します。利用方法は、NFCリーダーモード対応のスマートフォンを所持し、JR東日本のMaaSアプリ「Ringo Pass」に会員登録のうえ、 クレジットカードを登録した方が対象。バス車内に設置したNFCタグにスマートフォンをNFCリーダーモードでタッチすることで乗車することができます。また、NFCタグでのタッチ箇所を分かりやすくするため、「s-Touch」マークを導入します。

ニュース画像 1枚目:利用イメージ
利用イメージ

©JR東日本

JR東日本は今後、ローコストで省スペースでも設置が可能なNFCタグの特性を活かし、Suica決済を広めるツールとして様々なシーンでの導入を検討を予定。小規模店舗や小型自動販売機への実装から、昨今の「非接触」ニーズに対応したビジネスの拡大に向けNFCタグの活用を目指します。

期日: 2021/09/16から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ