東武、新型特急N100系の愛称は「スペーシアX」に 2023.7.15デビュー!

ニュース画像:東武の新型特急N100系「スペーシアX」 - 「東武、新型特急N100系の愛称は「スペーシアX」に 2023.7.15デビュー!」
東武の新型特急N100系「スペーシアX」

©東武鉄道

東武鉄道は2022年7月15日(金)、新型特急スペーシア「東武N100系電車」の愛称を「スペーシアX(エックス)」とすることを発表しました。「スペーシアX」は1年後の2023年7月15日にデビューします。

東武N100系の愛称は、「みんなで新型特急スペーシアの愛称を予想しよう!キャンペーン」で、4つの候補から一般投票を実施。「旅体験を表す:experience」「様々な価値を表す:Excellent、Extra、Exciting、Extreme、Exceed…」「文化や人々が交わり縁をつくる存在を表す:cross」「未知なる可能性を秘めたことを表す:X」の意味が込められた「スペーシアX」が選ばれました。

N100系は現行の100系電車の後継車両として登場、浅草~日光・鬼怒川方面を毎日2~4往復運行予定です。6両1編成の車両は号車ごとに異なった6種のシートがラインアップ。「コックピットスイート」と呼ばれる個室から、従来特急より広い2x1列配置の「プレミアムシート」まで、さまざまなシーンで個々の旅行スタイルに合わせて選ぶことができます。

今後、1990年のデビューから30年以上経過した100系車両と順次置き換える計画です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ