あびらD51ステーション、7月20日からキハ183の車内を公開

北海道安平町に所在する道の駅「あびらD51ステーション」は、2019年7月20日(土)からキハ183系の車内を公開します。公開初日の7月20日(土)は、北海道鉄道観光資源研究会から、安平町ヘ車両引継セレモニーを開催します。

今回、車内が公開される車両は、北海道鉄道観光資源研究会によるクラウドファンディングで保存が決まったスラントノーズ型キハ183形0番台「キハ183-214」です。札幌市のJR北海道苗穂工場から6月16日(日)に移設され、防犯カメラの設置や車内清掃など準備を終え、一般公開されます。

客室のみ公開する通常公開は、毎日9時から18時です。監視員を配置し、客室の奥にある機械室と運転室も公開する特別公開は、月2回から3回程度、10時から14時に実施されます。特別公開時の10時から14時以外の時間帯は、客室のみ見学できます。

■キハ183系「特別公開」2019年10月までの実施日
<2019年7月>
20日(土)※、21日(日)、28日(日)
※車両引継セレモニーの終了後

<2019年8月>
4日(日)、11日(日・祝)、18日(日)、25日(日)

<2019年9月>
8日(日)、22日(日)

<2019年10月>
13日(日)、14日(月・祝)、27日(日)

期日: 2019/07/20から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)