JR東、忘れ物自動通知サービス本運用開始へ 対応箇所を51駅に拡大

ニュース画像:MAMORIO - 「JR東、忘れ物自動通知サービス本運用開始へ 対応箇所を51駅に拡大」
MAMORIO

©JR東日本

JR東日本は2019年2月18日(月)から、MAMORIOと共同で、忘れ物自動通知サービスの本運用を開始します。

このサービスは、MAMORIOが販売する紛失防止タグ「MAMORIO」を付けた所持品が、同社の「お忘れ物承り所」に届けられた際、専用アンテナ「MAMORIO Spot」が所持品に付いている「MAMORIO」の電波を受信し、所持品の所在地を「MAMORIOアプリ」をインストールした所持品の所有者のスマートフォン端末へ自動的に通知するサービスです。

同社は2018年から試験運用として、JR東日本の東京駅、上野駅、大宮駅、千葉駅の計4駅の「お忘れ物承り所」に専用アンテナ「MAMORIO Spot」を設置し、主に運用面の確認を行っていましたが、試験運用の結果を踏まえ、一定の効果が見込まれたことから、同サービスの対応箇所を全51駅に拡大します。

■MAMORIO Spot設置駅一覧(51駅)
東京、上野、松戸、取手、川崎、鶴見、東神奈川、横浜、大船、平塚、小田原、熱海、桜木町、磯子、逗子、横須賀、三鷹、府中本町、立川、豊田、八王子、高尾、甲府、浦和、大宮、古河、小山、小金井、宇都宮、黒磯、熊谷、高崎、新前橋、土浦、水戸、錦糸町、西船橋、津田沼、千葉、佐倉、成田、成田空港、仙台、山形、新庄、盛岡、新青森、秋田、長岡、新潟、長野

期日: 2019/02/18から

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ