半蔵門線、18000系導入 2021年度から

ニュース画像:半蔵門線 18000系 イメージ - 「半蔵門線、18000系導入 2021年度から」
半蔵門線 18000系 イメージ

©東京メトロ

東京メトロは2021年度上半期から、半蔵門線に新型車両18000系を導入します。現在、半蔵門線では営団8000系をおよそ40年にわたり運用しており、これに代わり18000系を19編成、計190両導入します。

新型車両18000系は、従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラー「パープル」に同調させ、親しみ、活気をデザインで表現します。これにより、伝統と新しさが交差する沿線の街を結び、通勤、通学、ビジネス、さらには観光などでの利用につなげます。

車両の設備は、全車両にフリースペース設置、座席幅は従来の430ミリメートル(mm)から460mmに拡大、車両の床面高さを低くして車両とホームの段差を低減します。新型コロナウイルス感染症で特に意識された消臭・抗菌・抗ウイルス加工の座席表地を採用し、安心して利用できる環境も整えます。

また、機能面では、万一脱線した場合でも自動で列車を停止させる脱線検知装置を搭載します。さらに、総合指令所などから走行車両の機器状態を遠隔モニタリングする「車両情報監視・分析システム(TIMAシステム)」を導入し、安全・安定運行の実現をめざします。

なお、営団8000系は1980年から8両編成4本、6両編成1本で運行を開始し、1994年の増備で10両編成19本となっています。18000系はこれを更新します。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?
  • ニュース画像:半蔵門線 18000系 イメージ

    半蔵門線 18000系 イメージ

    ©東京メトロ

  • ニュース画像:インテリア、パープルを基調

    インテリア、パープルを基調

    ©東京メトロ

  • ニュース画像:フリースペース部 イメージ

    フリースペース部 イメージ

    ©東京メトロ

  • ニュース画像:8000系車両

    8000系車両

    ©東京メトロ

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ