JR東海 2022冬ボーナスは2.7か月、前年より0.5か月アップ

ニュース画像:JR東海 イメージ - 「JR東海 2022冬ボーナスは2.7か月、前年より0.5か月アップ」
JR東海 イメージ

©RailLab ニュース

JR東海は2022年11月10日、2022年度の年末手当(冬のボーナス)を公表しました。支給月数は2.7か月で、前年より0.5か月のアップ。12月9日以降、準備でき次第支給されるとのことです。

同社の2023年3月期第2四半期決算は、コロナ禍の影響はあるものの、東海道新幹線・在来線ともに利用が増加したことなどにより、連結での最終損益は969億4,900万円の黒字に。また、流通・不動産業についても好調に推移しています。

■参考 JR東海手当
2022年度
夏季手当:2.2か月、年末手当:2.7か月
2021年度
夏季手当:2.2か月、年末手当:2.2か月
2019年度(コロナ前)
夏季手当:3.05か月、年末手当:3.0か月

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ