JR東日本、2032年度末頃までに東京圏の主要路線全駅にホームドア設置へ

ニュース画像:2032 年度末頃までに整備される線区 - 「JR東日本、2032年度末頃までに東京圏の主要路線全駅にホームドア設置へ」
2032 年度末頃までに整備される線区

©JR東日本

JR東日本は2018年3月6日(火)、東京圏におけるホームドアの整備促進計画について発表しました。この中で、現時点から約15年程度の2032年度末頃までに、東京圏在来線の主要路線の全330駅について、ホームドアの整備を行うと公表しました。

JR東日本では現在、山手線と京浜東北線へのホームドア導入を推進しています。今回の発表では、整備済みの32駅を含む330駅への整備を行うとしています。まず、2020年度第1四半期までに整備する駅としては、山手線と京浜東北・根岸線を中心に整備済みの32駅を含む62駅に整備を行います。次に、2020年度第2四半期以降の2032年度末頃までに、東京圏在来線の主要路線268駅の整備が行われます。その中で、駅の乗降人員や車両の扉位置などの状況を考慮して、2025年度末までに120駅で整備されます。

整備される路線は、現在整備が進められている山手線、京浜東北線のほか、宇都宮線、高崎線、東北貨物線、武蔵野線、埼京線、川越線、常磐快速線、常磐緩行線、総武快速線、京葉線、青梅線、横浜線、中央快速線、南武線、横須賀線、根岸線、東海道線などです。

整備されるホームドアは、現在設置が進められている従来型のホームドアに加えて、横浜線の町田駅で試行されているバータイプのホームドア「スマートホームドア」の導入が予定されています。「スマートホームドア」は、軽量で低コスト、工事期間が短縮可能といった特徴を持っており、京浜東北線では、新子安駅、鶯谷駅、上中里駅、東十条駅、蕨駅、与野駅、大宮駅に設置が予定されています。

詳しくは、JR東日本のウェブサイトをご参照ください。

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ