山陽本線、不通区間を新幹線で代替輸送 こだま、ひかりの自由席に乗車可能

画像:代替輸送のイメージ
代替輸送のイメージ

©JR西日本

JR西日本は、「平成30年7月豪雨」の影響で不通となっている山陽本線の笠岡~海田市間において、復旧までかなりの期間を要する見込みであることや、ほかの輸送手段による移動が困難なことを考慮し、山陽新幹線による代替輸送を実施しています。

代替輸送として山陽新幹線に乗車できるのは、7月6日(金)までに購入した、山陽本線の笠岡~海田市間の不通区間を一部でも含む定期乗車券、普通乗車券、普通回数券などを所持している利用者です。当該利用者は、新倉敷~広島間で「こだま」、「ひかり」の自由席に乗車することができます。

なお、差額を支払っても「のぞみ」、「みずほ」、「さくら」や、指定席・グリーン車へは乗車できないほか、ICOCAなどのICカードチャージ分では利用できません。

詳しくは、JR西日本のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: